Uh oh, our website may not perform properly on your device!

2015年12月4日現在

事前予約と購入者のご利用規約

事前予約と購入に関する本利用規約 (以下「本規約」と言います) では、Prynt社のウェブサイトwww.prynt.co (以下「ウェブサイト」と言います) を介してPrynt社が販売する様々なPryntデバイス (以下「製品」と言います) の販売、ならびにお客様による事前予約と購入における利用条件を記載しています。製品を購入されたお客様は本規約に同意し、お客様と当社が拘束力のある契約を結んだと見なすため、本規約に含まれる仲裁条項により一部の賠償要求は法廷や陪審員に持ち込むことができません。本規約に合意されない場合は製品の事前予約は行わないでください。「お客様」とはすなわち事前予約を行う個人、ならびに個人の代わりに事前予約する対象事業者を意味します。

  1. ご注文
    ウェブサイトを介して注文した製品はすべて拘束の対象となります。確定された注文数はいかなる理由でも、本規約の条項にて特定された場合意外はキャンセルや変更をすることはできません。

  2. 価格とお支払い
    お客様は本ウェブサイトに掲載された特定製品の対象価格をクレジットカードで支払うものとし、本ウェブサイトで説明された支払い条件に従うことに合意します。

  3. リスクと権原の変更、および払い戻し
    製品関連のリスクは製品がPrynt社から配送業者に渡された時点でお客様に譲渡され、それ以降は製品の損失や損害はいかなる場合でもお客様の責任となります。製品所有の権原はPrynt社が製品の支払いを受領した時点でお客様に譲渡されます。

  4. 個人使用の限定、制限について
    お客様は製品を個人目的のみに限定して使用し、いかなる場合においても製品の再販売を目的に購入しないと見なします。また、製品のリバースエンジニアリングを行ったり、競合商品の作成を目的に製品を使用することを禁じます。

  5. 欠陥製品の交換
    お客様に配送された製品に故障が見られる場合はreturn@pryntcases.comにお問合せの上トラブルシューティングを依頼し、必要に応じて返品をお申し出ください。お客様が製品を受け取ってから15日以内にそのような通知がPrynt社にされた場合に限り、Prynt社の自由裁量により不良もしくは故障品の返品を受諾することができます。15日以降は返品を一切受け付けておりません。返品の際はPrynt社が規定する返品手順に従っていただきます。不良や故障がお客様自身の理由によるもの、もしくはPrynt社から配送が完了した後に発生した場合、Prynt社は返品を受け取る義務はありません。交換品はお客様から発送された故障品がPrynt社にて受領された後にお届けするものとします。

  6. 知的財産
    製品の知的財産はPrynt社ならびにライセンス所有者が保有します。本規約を以ってお客様はPrynt社の知的財産に係る権利や利益を取得しません。

  7. 保証
    法律により保証が定められている範囲を除き、製品は「現状のまま」で提供されます。明示または黙示を問わず、商品性、第三者特許の非侵害、あるいは特定目的への適合性も含めてPrynt社は一切保証いたしません。当社の保証プログラムについてはこちらをクリックしてください: こちら

  8. 賠償責任の制限
    法律により許可されている範囲において、Prynt社は本規約および製品の使用に関連する付随的、必然的、間接的、懲罰的、特別的、模範的あるいは偶発的な損害の一切の責任や義務を、たとえPrynt社がそのような損害について説明された場合でも負いません。 

    法令で認める範囲において、いかなる製品でもそれに係るPrynt社の損害賠償責任はお客様が支払った製品価格を上回ることはありません。上記の制約は損害賠償責任が契約、不法行為 (過失を含む)、厳格な責任、規定やその他の理由問わず適用されるものとします。本規約に関連して発生するPrynt社への法的手続きはいかなる場合でもお客様に該当製品が発送されてから (1) 年以内に申告しなければいけません。ある国または州では、偶然的若し く は 必然的 損害の 除外ま た は制 限を認めていないため、そのような国や州では損害賠償責任は法的に許可されている最大範囲内に制限されます。

  9. 保障
    製品の使用についてはお客様のみが責任を持つものとします。お客様は本規約に明示的に従わない、もしくはそのような矛盾する製品使用が原因でPrynt社、当社の各取締役、従業員、代表者および代理人 (以下「被補償者」という) に対する損害賠償や訴訟が起因するすべての債務、損害額、損失 額、経費、費用および弁護士費用において本被補償者に生じ るそれらの損害に対し、免責、防御、補償します。

  10. 不可抗力
    Prynt社の合理的管理が及ばない理由が原因で本規約に違反があった場合、Prynt社は責任を持ちません。

  11. 本規約の全体性
    本規約はPrynt社製品とお客様の需要/供給関係の全体を定めるものとします。本規約はPrynt社のプライバシーポリシーを盛り込んだものとし、詳細はwww.prynt.co/privacyからご確認いただけます。お客様とPrynt社との事前の話し合いや合意内容、ならびに一般的な購入条件やPrynt製品の購入に関してお客様が発行したその他文書は、Prynt社の正式な代表者がPrynt社の代わりに書面にて合意する旨を提示しない限り適用されません。本規約の権利を第三者に譲渡や移転することは許可されていません。

  12. 適用される法律と法域、およびコンプライアンス
    製品の事前予約および購入者の利用規約に起因するもしくはそれに係る全ての争いは最終的に、American Arbitration Association (米国仲裁協会、以下「AAA」と言う) の商業仲裁規約に基づ き、仲裁人を選出するための規則および手続きに従って選出された1人 の 仲裁人 (以下「仲裁人」と言う) に より拘束力を有する仲裁によって解決されるものとしま す (AAAおよびその規則についてはwww.adr.org.をご参照ください)。仲裁地はカリフォルニア州サンフランシスコとし、当事者すべてにとってこれが合理的な仲裁の場ではないと仲裁人が判断する場合は適切な仲裁地を仲裁人が選びます。何らかの理由でAAAが紛争を仲裁することができな いもしくはその意思がなく、当事者が代理人に合意できない場合、法定がその代理人を任命します。仲裁人は法的に許可されたすべての救済措置を取る権利を保有します。仲裁は法律の不一致の原則に関係なく、連邦仲裁法 Federal Arbitration Act, 9 U.S.C §§ 2 et seq.、ならびにマサチューセッツ州法に準拠します。AAAが定める別段の規定に係わらず、いかなる損害賠償の裁判は個別で行うものとし、集団ベースや市民側代理人として提起される集団訴訟における代表者として、あるいは当事者の合意なしに仲裁手続きを統合する権利は放棄するものとします。仲裁人の決定は、最終的かつ上 訴不 可とし、当事者にとって拘束力を持つものとします。これら利用規約に従うすべての仲裁手続きに関連して発生する費用や経費は、仲裁人が判断する場合を除き、各当事者が負担します。上記に関らず、個人での損害賠償の請求は少額裁判所にて、そのような裁判所に対人管轄権がある場合はその管轄範囲内において紛争や損害賠償を提起することができます。そのような管轄範囲がお客様の裁判管轄区域にない場合において当社は訴訟の抗弁権を放棄するものではありません。本規約にて定められている当事者の仲裁義務において特例がない限り、少額裁判所以外の損害賠償において、これら利用規約、本ウェブサイトもしくは製品に係るもしくはそれらから起こる法廷手続きの管轄は、州裁判所もしくはマサチューセッツ州ボストンに所在する連邦裁判所に専属ならびに裁判籍の所在地としますが、州裁判所もしくはマサチューセッツ州ボストンの連邦裁判所にて仲裁判断の決定後、その判決は正当な管轄権を有する裁判所 にて執行することが可能です。

  13. その他
    本規約のいず れか の条項が無効と判断された場合には、当該条項のみ除かれ、残りの部分は引き続き完全な効力を有するものとします。 また、除かれた条項は当事者の意図をほぼ完全に反映する有効な条項に差し替えられます。



Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies.